白文鳥発祥の地~大きな文鳥さん♪

10月24日の「文鳥の日」を前に、白文鳥発祥地へ行ってきました!

010_201510221736307c9.jpg

愛知県の弥富市が「白文鳥発祥地」です!

“弥富文鳥”は文鳥好きの方ならご存知の、有名ブランド(?)ですよね?

030_20151022173632ea9.jpg

シナモンさんは、違いますが^^;


さて、国道1号と155号の交差点付近にいるのが~

040_20151022173633e6d.jpg

電話ボックスの上に、2羽!

050_201510221736341f9.jpg

迫力のあるサイズですが、リアル文鳥がこのサイズだったら~なんて、想像してしまいました♪

060_20151022173636973.jpg

毎日、お茶碗に一膳程度は、食べますよね・・・もっとかな?

でも、一緒に寝ても、潰す心配はありませんね♪

体温の高い文鳥さんだから、これからの季節、添い寝してくれたら嬉しいかも~♪

070_201510221737335e8.jpg

いや、待てよ!

このサイズの鳥に「ぎゃるるぅ~!」ってやられたら、出血どころか、穴があきますね~怖っ!!


さらに、国道1号を西に向かうと・・・

080_20151022173736f07.jpg

ショッピングセンター「パディー」♪

さらに西、県道108号沿いにあるのが「歴史民俗資料館」です!

中に入ると~

090_20151022173736c84.jpg

弥富文鳥の歴史は、元治元年に遡ります♪

095_20151022173738a09.jpg

食いしん坊~^^;

大島家に嫁ぐ事になった八重さんが、奉公先の武家屋敷からお祝いにもらった、一組の番いの文鳥が始まりと言われています♪

この文鳥をきっかけに、農家の副業として、文鳥飼育がされるようになり、やがて突然変異で生まれた白い文鳥が、白文鳥のはじまりです!

100_20151022173740811.jpg

歴史民俗資料館では、映像で文鳥が見られ、文鳥飼育に使われてきた道具なども展示されています♪

120_201510221743109ae.jpg

残念ながら、ペットの多様化や、安い文鳥に押されて、弥富文鳥の出荷は減少し、平成21年に文鳥組合は解散してしまいました。

130_20151022174312ff8.jpg

現在も、生産者の方はおられるらしいですが・・・

140_201510221743147f7.jpg

淋しいですね・・・

160_20151022174315cdf.jpg

歴史民俗資料館には、文鳥はいません^^;

170_20151022174316e9d.jpg

お嫁さん候補って・・・^^;

じゃぁ、文鳥を楽しみに、ここまで見て下さったお客さんに、文鳥を代表してシナモンさん、何かして!

180_20151022174347bed.jpg

脱水中です♪

190_2015102217434921c.jpg











ランキングに登録しました!
とっても励みになりますので、よろしくお願いします!
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

ご無沙汰しておりましたσ^_^;

弥富市、金魚(鯉?)でも有名ですが、文鳥さんもだったなんて知らなかったー!文鳥さんかわいいなぁ!すずめさんが愛知県を満喫されていて、ブログを拝見するたびに愛知県出身の私は嬉しく思います(*^_^*)こちらは10月入って連日の快晴!毎週末ごとに何かしらのイベントがありました。1週目は名古屋に帰り同窓会、2週目はだんじり祭り…。過ごしやすい季節ですね!すずめさんも秋を満喫してくださいね(*^o^*)

うっ鳥でございます

(* ̄∇ ̄*)なるほど、文鳥発祥の地があるんですな。
弥富市のその女性がいなければ、
日本で手乗り文鳥の繁殖に成功していなかった?のかな~。

⌒(ё)⌒しかし、至るところに
文鳥様たちモチーフの看板などがあって、
もし、そちら方面に行く予定が出来たら、
外せない場所ですよね、面白いです。

間に割り込む気の強い(失礼な言い方)
シナモンさんがやっぱりシナモン色で可愛いです♪

憧れの桜文鳥

こんにちは。
10/24が文鳥の日だとは知りませんでした~。
さすが発祥の地だけあって弥富市は文鳥さんが沢山ですね。作り物ですが。
電話ボックスの上の文鳥さんサイズのシナモンさんを想像したら、面白いけどきゃるるぅ~が怖いですね。
リアルな鳥さんの大きさにすると、鷹や鷲くらいで、猛禽類のシナモンさんだと、鷹匠がつけているグローブ?を使わなければ飼えませんね。

そういえば小さい頃、桜文鳥を飼っている友達がいて、名前の響きからみんなに羨ましがられていました。
でも、実際の桜文鳥さんは想像していた鳥と違って、全身グレーが強くて、なぜ”桜”と名前がついているのかがわからず、一気に桜文鳥さんへの熱が冷めた私は、当時飼っていたおしゃべり手乗りセキセイの”ミドリちゃん”を可愛がる日々でした。
文鳥さんは白いのもいるとわかったのは、それからずっとあとで、その時に桜文鳥の”桜”も胸元の模様からだと知りました。
文鳥さんは他にもたくさん種類がいるんですね。
白文鳥さんも真っ白でかわいい鳥さんですが、シナモンさんも愛嬌があって、シナモンカラーのお帽子がとても素敵です。
ただー、、、文鳥ドリルにはビックリですけど(゚д゚)

No title

こんにちは(^^)

シナモンさんの文鳥ドリルi-278
目玉おやじになりましたね!

大きなサイズの文鳥さん想像しただけで幸せに・・・♡
(目を突かれたら痛いじゃ済まないですけどね)

すご~いな♪

「文鳥ドリル~♪」=「キタ~」っていう感じ。可笑し過ぎます(笑)

小鳥さんは、首が柔らかというのか良く回るな~ って以前から思っていたんですが、それをお見事に証明してくれましたね。シナモンさん、眩暈しないんでしょうかね?!

文鳥は、古くから人間と一緒に暮らしているようですね。漱石にも『文鳥』とう有名な短編がありましたね。その漱石のお弟子の内田百閒も小鳥好きですね。

なんでも小石川の自宅から早稲田の漱石山房まで、自分の和服の袂の中の指に文鳥を載せて歩いて行ったそうですよ。きっとよく懐いたんですね♪


ねまきさん!

ありがとうございます!
弥富市、今は文鳥より金魚の方が有名ですよね~大和郡山より出荷数も多いとか!
高速道路で弥富を通るたびに、文鳥と金魚の絵が描かれているので、以前から行ってみたかったのです♪
愛知はいろんな観光スポットがあって、楽しいです♪
気候も良いですし、愛知を楽しんでいます!
ねまきさんも、お忙しそうですね~だんじり、スゴイ迫力ですよね♪

mecha☆さん!

ありがとうございます!
最近は、文鳥より金魚の方が有名な街ですが、白文鳥がここで誕生したと思うと、楽しくなります♪
初めて白文鳥のヒナが誕生した時、その姿を見た人たちは、どんな反応だったのかな~なんて思いながら、街を散策してきました♪
お歳のわりに、強気なシナモンさん~弥富からお嫁さんをお迎えする気でいるのかも?!

tonさん!

ありがとうございます!
10月24日は「手にしあわせ」の語呂合わせだそうですが、東京では「文鳥まつり」が開催されています♪
手作りの文鳥グッズがたくさん出品されていて、整理券で入場制限するほどの人気だとか~♪
私も、桜文鳥の「さくら」の意味は、大人になるまでわかりませんでした^^;
子供の頃は、羽色の鮮やかさと、人懐こさで、セキセイインコの方が人気でしたね~私も飼っていましたが、手乗りじゃなくても、学校から帰ってきたら「お帰り!」って感じで、呼び鳴きしたり、カゴに張り付いてお出迎えしてくれて~可愛かったなぁ♪
文鳥も一緒に暮らしてみると、セキセイインコに負けないくらい懐いてくれます!
色も、シナモンやクリーム、シルバーなどもいて、それぞれに可愛いですよ♪

とろさん!

ありがとうございます!
文鳥ドリル、もうちょっとシャッタースピードを上げておけばよかった~^^;
小鳥のこういう動きって、ものすごく速いんですよね♪
大きなサイズの文鳥~フカフカの文鳥を抱いて寝られるのを想像したら、うっとりしちゃいますよね♪
現実的に考えたら、かなり怖いけど~^^;

takeshisuzumeさん!

ありがとうございます!
スゴイ動きですよね~絶対に人間には、真似できない^^;
そういえば、漱石の「文鳥」は白文鳥でしたよね?
幕末に突然変異で出現した白文鳥が、あっという間に、日本中に広がったって事ですね~♪
袂の中で指にじっと止まって、お外歩き~余程、文鳥に信頼されていないと、できないですね!
そこまでは難しくても、小さな小鳥が示してくれる信頼を感じられるから、小鳥との暮らしは幸せを運んでくれます☆

プロフィール

団地のスズメ

Author:団地のスズメ
スズメさんの可愛い姿、仕草に日々癒されています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR